« 名前つけ | トップページ | ハンドメイド~幼稚園準備~ »

慣らし保育

先週末娘の幼稚園で慣らし保育がありました。園の説明会から2週間というのに,園服,帽子,鞄と普通に幼稚園に通う服装で体操服やズボン,上靴や飲み物(それぞれ袋つき)などを持たせないといけない。ってことで,この2週間は持ち物のお名前つけやら準備やらでてんやわんやでした typhoon

だってね,ゼッケン一つにしても

前をポケットにすること
マジックテープをつけること
・口元は破れやすいから口布をつけて補強すること

と。他にも,水筒は普通についている紐でなくちゃんと水筒入れを作れと。さらに,紐がくいこまないように,紐にクッションをつけろと dog

マスコットは通園鞄,手さげ鞄それぞれに手作りの布製を1個印につける(布製以外は禁止)。で,帽子にも何か目印になるアップリケなどをつけろと tulip

決められた物以外にも,ハンカチから靴下から下着までぜーんぶお名前つけが必要。幼稚園準備というのは万事がこの調子で細かいのですねー down

で,実際に支度を始めてみると,確かにゼッケンは柔らかくてポケット向きではないから,まわりをアイロンテープで補強したり,すぐに取れないようにアイロン接着のマジックテープを探したりと細かく準備が必要。あとね,ゼッケンの名前は手書きは嫌だったのだけれどパソコンプリントみたいなのだと洗濯を繰り返すうちにすぐはげるということだったので裏技を検索。一番丈夫そうだったのが,

・ワードか何かのソフトで好きなフォントの字を書いて印刷する
・窓辺でゼッケンをすかして鉛筆で枠をなぞる
・中を油性マジックでぬりつぶす

というのだったので,それを採用。油性マジックは布用のにじみが少ないものを探したけれど,これまた裏技検索で布をちょっとぬらすとにじみが少なかったよpencil

2週間で作った作品紹介は次回にまわすとして…

慣らし保育当日。娘は幼稚園に行けると聞いて上機嫌。最近はきちんと説明すれば大丈夫なので,

「幼稚園には優しい先生とたーくさんのお友達がいるよ。今日は幼稚園でお友達と先生と遊ぶんだよ。パパとママはお仕事に行ってくるけれど(ここだけうそ。いつもと同じパターンのほうが抵抗がないかと思って),2時間したらお迎えに行くからね」

と繰り返し説明。娘は「うん,分かった」って。「本当に大丈夫かなー?」と半信半疑だったのですが,園で先生に靴を脱がせてもらって「じゃあ後でお迎えにくるからね」って言ったら「うん,ばいばーい」ってスタスタ教室の中へ。おいおーい,素直に行ってくれるのは嬉しいけれど,少しぐらい寂しがってもいいんだよー sweat01

で,娘のいない2時間。いろいろできると思ったのに…なんにもできない我々夫婦。近くのコンビニで時間をつぶしたり,歯磨き粉を買いに行ったり。そんなの娘がいてもできるって…。なんかねー,娘がいないと調子がくるうというか,足元がスカスカして落ち着かないのよね(普段足元にまとわりついているから) foot

そんなこんなの2時間を終えてお迎えに行ったら,ママの顔を見た瞬間一瞬だけ泣き顔になりました。緊張したんだろうねー。でも一瞬であとはけろり。「ママ,そろそろ帰りましょう」って。先生からは「初めてで緊張したみたいだけれど,良い子で泣かずにがんばっていましたよ。おままごとでお料理を作ったり楽しそうでした」って chick

帰りの車で何をしたのか話を聞いたところ,シールをはったりトイレに行ったり本を読んでもらったりの2時間だったようです。泣いていた子もいたよって。そうだよねー,幼稚園に通う子って生まれてから約3年,ママがつきっきりだった子が多いだろうから,いきなり幼稚園に行けと言われても泣けるよねー。娘は今回は大丈夫だったけれど,毎日通えるか母はまだ不安です weep

とにかく娘は幼稚園が気に入ったようではあります。「また行くから」って。とりあえずスタートがうまくいってよかったよかった notes

|

« 名前つけ | トップページ | ハンドメイド~幼稚園準備~ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名前つけ | トップページ | ハンドメイド~幼稚園準備~ »