« 明日 | トップページ | Happy Birthday&パパの絵 »

上棟の一日

我が家の上棟の一日は,こんな感じでした house

午前7時半

 現場集合 大工さんたちが準備をはじめ,クレーン車も設置準備開始。クレーン車って脚があるのね。4本脚で固定されている様子を娘と興味津々眺めていました eye

午前8時

 朝の打ち合わせ開始。建築会社の人が敷いたレッドカーペットを歩き,両脇の大工さんたちに拍手で見守られる。めっちゃ恥ずかしかったです。イベント好きな会社だからねー。地鎮祭,上棟と事あるごとに登場するレッドカーペット。あと,全員での写真撮影と万歳三唱も必ず入ります wink

現場監督さんから作業してくださる皆さんの紹介があり,その後パパが「一日安全でよろしくお願いします」という旨の掛け声をかけ,全員と握手をして作業スタート wrench

12053004m_2

前日に足場は組まれていて木材のセットもできていたので,作業開始後の手際がよくてびっくり。少し眺めてから,車へ car

午前8時半

 娘を幼稚園に送り,ママは仕事へ。諸事情でその日は出ておきたかったのと,午前中はそんなに忙しくないから大丈夫だよと言ってもらい,1時間半だけ仕事に行かせてもらいました book

午前11時半

 帰宅をしてから足りなくなったものの買い出し。帰りに現場に行くとちょうど12時の休憩でパパがお弁当配布中 downwardleft

12053009_2

お弁当とお餅はどこに頼もうかと家族で相談した時,父が以前「おびや」さんの折詰をいただいて美味しかったよと言ったので,今回のお弁当やご近所に配る折詰,お赤飯,オードブル,投げ餅はすべておびやさんにお願いしました shine

ご飯が別につくのですが,上棟日は大工さんのご飯は山盛りにしてくれました。ちょっとした配慮が嬉しいです。おかずはもちろんのこと,ご飯があつあつふわふわで,とっても美味しかったよ note

午後12時40分

この日は1時降園だったため,娘を迎えに幼稚園へ。午前中親戚の方がつきたてのお餅を3箱お祝いで届けてくださったので,幼稚園の先生にもおすそわけ confident

午後1時すぎ

娘はお昼寝。休憩に戻ったパパに一緒に寝ていてもらって,ママはまたしても買い出しに。帰宅するとすぐにお餅や折詰,お酒,お赤飯,パンなどが届き,部屋中いっぱい。部屋の中にはすでにダンボール数箱のお菓子があり,お祝いでいただいたお酒やビールでごちゃごちゃ。それゆえ,玄関までこんな感じ downwardleft

12053013m_2

お餅は全部で28箱。さあ,ここからが大変。ご近所用,親戚用,隣家用といろんなセットを作らないといけません。ダンボールを前に途方にくれているところに親戚のおじさんおばさんたちが来てくださり,皆さんに手伝ってもらって作業開始…と思ったら娘が目覚めてもう大変。この状況が飲み込めない娘は大泣き。でも今日は娘ちゃんにばかりかまっていられないのよー typhoon

主人の母が,「そこで指示さえ出してくれたら作業は私たちがするから娘ちゃんをみてやって」と言ってくれたので,大泣きする娘を片腕に抱えて「そこはお餅○個です。そこはお赤飯2合のほうです」なんて感じで指示だけ出させてもらいました。皆さんが早く来てくれてよかった note

その後はご近所や隣家まわり。次々お礼を言いながらお返しを配るのだけれど,誰にどのセットとか,もう頭の中がぐちゃぐちゃ。届け忘れたものもあって2度訪問する家も。娘はパパとママとドライブ気分でニコニコ happy01

配り終えて現場に戻るともう5時で,100人以上の方々が庭に座って待っておられる状態。大工さんの作業はもうすでに終了しており,急いで2階へ run

12053016m

ぼんでん」というそうです。お米とお塩,お神酒で清め,上棟儀式を行います。下で多くの方が待っていてくださっているので気が急きましたが,ものの5分で終了。その後は皆が配置につきます。隅餅はパパと主人の父,現場監督さんと棟梁にお願いしました paper

私たちの家の設計を担当してくださったのは,とても頼りになる女性の方なのですが(Nさん),その方が「娘ちゃんと一緒にお餅まきをしたらどうですか?」と。今は女性でもまいていいんですよと。建築会社の方が気を利かせて「子どもエリア」という子どもだけが拾えるエリア(ブルーシートエリア)を作ってくださっていたので,娘と私は1階から子どもエリア中心にお餅をまくことに決定 good

娘に「このお餅を,えいって投げるのよ」って説明したら,「うん」ってうなずいた途端5つ抱えてぽーん。おいおい,まだパパが隅餅投げてないんですけど… bleah

建築会社の方が施主紹介を行い(パパは2階で皆さんの前に立ってご披露です)お餅ひろいの説明後は万歳三唱。皆さん,餅拾いで万歳三唱やらされる経験って少ないだろうなー。なにせイベント好きな会社なもので… bleah

その後隅餅をまくのを皮切りにお餅まきスタートです。娘の体はNさんが抱えてくれていたので,ママは5箱ほど下に下ろしたお餅やお菓子をまきました。これがねー,難しかった。どうしても近くにまいちゃうから遠くにとばしたいんだけど,1階から遠くに投げるのはきついね。一生懸命投げたら2日間筋肉痛になりました gawk

餅投げ終了後は大工さんたちにねぎらいの一杯を。でも今の時代お酒はアウトなので,お祝いでいただいた一升瓶を持ち帰っていただくことにして,現場ではノンアルコールビール。初めて飲みましたが,お酒を全く飲まない私からすると,完全に「ビール」でした。よく飲む人には物足りないのかもしれないけれど,上手に作ってあるものだなーと妙なところに感心 beer

12053022m

みんなでちょこっとおつまみを食べて語らい,パパからのねぎらい&お礼の言葉と現場監督さんの締めの言葉,全員での記念撮影で,終了 note

Rikyuorizume_new_4

約10名の大工さんと建築会社の現場監督さん,設計担当さんには,謝礼とお酒一升,折詰とお赤飯,お餅を持って帰っていただきました clover

皆さんが帰られた後に主人のお友達が駆けつけてくださって,のんびり話をしたり梁に名前を書いたり。でも,ここでもう一つ大きなイベントが。ママは地鎮祭のときにNさんから宿題を出されておりまして。何かといいますとパパへのサプライズ。手紙の朗読でございます。忙しい中でバタバタと書いた手紙だけれど,パパが真っ赤な顔をして(日焼けのせい?)聞いてくれました smile

一日の終了の挨拶をして現場を後にしてからも,留守だった家や遠くの親戚にご挨拶に行って(ママは娘の世話ゆえ,ここからはパパと父にお任せ)パパが帰宅したのは夜の9時半頃でした clock

最近はお餅まきをする家は少ないそうですが,お餅まきをすることで近所の方々に顔や名前を覚えていただき,その後近所を歩いていると,「ああ,あそこで上棟したお家の○○さんね」と声をかけていただくことも。隣家にもご挨拶できたので,どんな方々が近くに住まれているかが分かり,安心しました。お餅まきをしようかと迷われている方,予算的に新築の家のエアコンを2~3個つけるのが遅れたとしても,やる価値はありますよ shine

両親をはじめ近所の皆様,親戚の皆様,知人の皆様のおかげで無事上棟を終えることができました。ありがとうございました scissors

|

« 明日 | トップページ | Happy Birthday&パパの絵 »

お家づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日 | トップページ | Happy Birthday&パパの絵 »