« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

いかなご箱

明石に住む伯母が,いかなごのくぎ煮を送ってくれました。毎年この時期になると,明石の市場で山ほどいかなごを買い込み,一日中炊いているようです heart01

ちなみに,私は煮込むことを「煮る」と言いますが,明石の伯母は煮ることをたいてい「炊く」と言います。「お芋たいたけど食べる?」って。幼い頃祖母が「夕食はかんとだきにしよか」と言ったからどんな料理が出てくるのかと思ったら,おでんでびっくりした記憶も。かんとだき=関東炊き みたいね。 

話を戻し,一昨日の夕方「いかなご炊いたから,ほんのちょっとやけど送ろか?」と電話がきたので,「食べる!!」と即答したら,昨日の午前中には我が家に到着。クロネコさん,優秀ね shine

で,クロネコヤマトの箱を見てまたまたびっくり。明石ではこの時期いかなごのくぎ煮を送る人が多いようで,クロネコさんには専用の箱が用意してあるそうですbus

Dsc00840

「いかなご」の文字が入り,明石海峡大橋の絵がついたクロネコ専用箱

クロネコ専用箱は,タッパーの大きさぴったり。なんかこういうのっていいねー。中に入っていたくぎ煮はこんなのです downwardleft

Dsc00841

いかなごの見た目が釘みたいだから,くぎ煮なのかな?

お店でも売っていることがあるけれど,大体が水あめ入れたみたいにねっとりで甘すぎ。だから買いません。私は伯母の作るくぎ煮を食べて育ってきたので,市販のはダメです。なつかしい味を堪能し,娘にも食べさせたら,「おいしいねー」を連発していました。あー,明石焼きが食べたくなってきた。明石に行きたいぞー!! heart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諦めない姿勢

先日書いた娘の園の目標リボンの話の続きですが,4つのリボンが全て揃いました!

うんていは正直諦めていたのですよ。でも何事も目標を決めたら諦めずに最後まで取り組むという姿勢は教えたいと,「必ずできる!」と呪文のように唱え続け,放課後何も習い事がない日は寒空の中幼稚園の園庭で練習しました snow

でも,うんていってそう簡単にはできるようにはならなくて…。体を支え,手を交互に前に出してバーをつかんでいく感覚を覚えさせ,体を揺らして先へと手を伸ばす方法を教え,ぶら下がりの練習をし…って一か月以上やっていても,つかんだ次のバーで落ちる日々 bearing

でも,先々週あたりからぶら下がれる時間が少しずつ増えていき,先週になって急に真ん中あたりまで行けるようになり,なんなんだ??急激なこの変化は??と…。

で,金曜日リボンをつけて帰ってきた娘は,「先生がいる時にやってみたら,最後まで行けたんだよー」って shine

「自分でも急にできるようになって,びっくりしたでしょう?」って聞いたら,「うん,でも先生の方がもっとびっくりしてたよ」って。ハハハ,そうでしょうねー。リボンを見た母は腰を抜かしそうなほど驚いたから eye

苦労した分喜びも大きく,2人でパパに報告しようと,金曜日はパパの帰りを今か今かと待ちわびていました happy01

今回のリボン騒動は大変ではあったけれど,でも娘と毎日目標をもって練習するのは実に楽しく,リボンをすべてもらって帰ってきた娘は,「ママ,リボンはもらったけど,来週も幼稚園でうんていとか鉄棒の練習しようね」って。娘にとっても達成感と喜びがあったようでした rock

できなくてもできなくても諦めずに幼稚園に通って練習を続けてよかった heart02

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »