« 主人と娘のデート | トップページ | みんなと同じ? »

みんなに感謝

今日は幼稚園の卒園式。母は覚悟を決めて出かけました。子どもたちが入場してきて一人一人檀上に上がって卒園証書をもらったときは,「よくぞここまで」という思いはありましたが,大丈夫。子どもたちの言葉を聞いても大丈夫。でもね,歌はダメでした weep

さよならぼくたちのようちえん」素敵な曲です。いろんなことがつまった3年間だったのだなとウルウル。ここではまだ涙ほろりですんだ。でもね,最後の曲の「ありがとう 心をこめて」…この歌詞で涙ぼろぼろ downwardleft

『ありがとう 心をこめて』

いつの間にか 僕たちは 一人で歩いていたよ
6年前に この世に生まれた 小さなこの命
晴れた日にも 雪の日にも 元気なときも 病気のときも
変わらない優しい眼差しが 僕たちを包んでくれた

気がつけば 春の風が あんなに歌っているよ
ありがとう 心をこめて ありがとう そしてさよなら
どこまでも 遥かな道を 歩いていける勇気と
悲しみを分かちあえる 温かいこの心

ケンカをして 仲直りして 泣いて笑って 励ましあって
みんなと一緒に わたしたちは 大きく大きくなれたよ
気がつけば 春の風が あんなに歌っているよ
ありがとう 心をこめて ありがとう そしてさよなら

晴れた日にも 雪の日にも 元気なときも 病気のときも
変わらない優しい眼差しが 僕たちを包んでくれた
気がつけば 春の風が あんなに歌っているよ
ありがとう 心をこめて ありがとう そしてさよなら

いつの間にか 僕たちは 一人で歩いていたよ 6年前に この世に生まれた 小さなこの命

この最初の2行の歌詞で,涙腺決壊しました。6年間の様々な光景がよみがえり,『いつの間にか一人で歩いていたよ』という歌詞に,もう涙が止まらなかった crying

娘を見守ってくださった先生方にも,たくさん遊んでくれたお友達にも,そして,6年前私たちのもとにきてくれた娘にも,みんなに感謝の気持ちでいっぱいです heart02

|

« 主人と娘のデート | トップページ | みんなと同じ? »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 主人と娘のデート | トップページ | みんなと同じ? »